住民基本台帳カードについて

スマートフォン若しくはQRコードリーダーでQRコードを読み取った結果

イ)有効期限(西暦8桁)+生年月日(6桁)

ロ)生年月日(6桁)

上記の2パターンのどちらかで表示されます。(自治体によって違いがあるようです)

 

※例:2020年2月20日まで有効  昭和54年5月4日生 の場合

イ)20200220540504 と表示されます。

ロ)540504 と表示されます。

※平成21年4月20日発行分(有効期限が2019年4月20日以降)からQRコードが印刷されています。

<個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア>
・マイナンバーカード内のICチップに記録された券面事項を読み出すソフトウェアです。
・主に、本人確認が必要となる窓口等において当該カードの真偽判定を補うケースや、住民の方がお持ちのカードの内容を確認するために利用されることを想定しています。
・運転免許証・住民基本台帳カード(2009年4月20日以降発行)・マイナンバー(個人番号)カード対応
※WindowsOSのPCにてダウンロード及びインストールをしてご利用ください
個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア インストーラ (Setup_nckhsw.exe)

はじめにお読みください.txt
個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア利用マニュアル[1.0版].pdf