マイナンバー(個人番号)カード

1)基本的には住民基本台帳カードと同時に所持することは無い
  住基カードを所持している人が、マイナンバーカードを取得する際には、住基カードを返却します。よって、仮に両方のカードを提示されてしまった際は、マイナンバーカードで本人確認を行う。

2)マイナンバーカードの有効期限は交付された日から10回目の誕生日までです。
  但し、20歳未満の方は5回目の誕生日まで

3)電子証明書の有効期限は5年目の誕生日まで

4)通知カードはマイナンバーカードを取得する際に、本人のみが利用するものです。本人確認には利用できません。注意してください。

<個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア>
・マイナンバーカード内のICチップに記録された券面事項を読み出すソフトウェアです。
・主に、本人確認が必要となる窓口等において当該カードの真偽判定を補うケースや、住民の方がお持ちのカードの内容を確認するために利用されることを想定しています。
・運転免許証・住民基本台帳カード(2009年4月20日以降発行)・マイナンバー(個人番号)カード対応
※WindowsOSのPCにてダウンロード及びインストールをしてご利用ください
個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア インストーラ (Setup_nckhsw.exe)

はじめにお読みください.txt
個人番号カード対応版券面事項表示ソフトウェア利用マニュアル[1.0版].pdf